産後の骨盤はどうなっているの?妊娠前よりきれいになるダイエット法

emiriashi

骨盤は産後、自然に閉じていく・・・
とは、どういうことなのでしょうか?

仕組みを正しく理解して

なぜ骨盤のケアが産後の
きれいな体型づくりに有効なのか☆

考えてみましょう^^

 

骨盤が自ら閉じることはない!?

 

骨盤が開いたり閉じたりするとは聞きますが、
どのような仕組みで行われているのでしょうか・・・

 

骨盤は、いわゆる骨ですね^^

 

骨が自ら動くことはありません☆

 

そのため、厳密にいうと、
骨盤が自然に開いたり閉じたりすることはないんですね^^

 

では、骨盤が開く、閉じる、というのはどういうことなのでしょうか。

 

キーワードはリラキシン☆

 

骨盤は、骨盤の骨についている、
筋肉や靭帯、腱などが連結していて、
それらの伸び縮みによって開閉しています☆

 

妊娠すると、骨盤は出産に向けて少しずつ開いていきます。

 

それはリラキシンというホルモンの影響によるものです☆

リラキシンの働きで、赤ちゃんの通り道を確保するために
骨盤に連結している、主に靭帯が緩みます。

 

このリラキシンの働きは、産後2-3日まで。

 

その後は、靭帯を緩ませる働きはしなくなりますが、

 

靭帯が伸びた状態なので
骨盤の可動範囲は通常より大きい状態。

 

産後すぐは骨盤がとても不安定なので、
骨盤のゆがみが起きやすく、
身体のトラブルの原因となるので注意が必要です☆

 

骨盤ベルトは伸びた靭帯、緩んだ筋肉のサポートのようなもの

 

産後すぐにどうしても動かなければならない場合は、
骨盤ベルトなどで骨盤をしっかりと固定して、

できるだけ骨盤に負担をかけないように
こまめに休息を取りましょう^^

 

産後にゆっくり休める場合、
赤ちゃんのお世話や、トイレ、食事、お風呂、といった生活の中で、
骨盤周りの筋肉などは徐々に鍛えられていき回復していきます。

 

産後数か月は
できるだけ骨盤に負担をかけないように
過ごすことが大切となります^^

 

産後6ヶ月くらいになると、
たいていは、もとの状態へと戻っていくのですが、

 

この半年までの間に骨盤のケアをせずにいると、
骨盤周りの靭帯や筋肉が元の状態に戻らずに、

骨盤が歪むことで身体全体も歪みやすくなってしまいます。

 

骨盤が歪み身体が歪むと、身体の流れが悪くなり、
冷えやむくみを起こしやすくなります。

身体全体のバランスを取るためにも、
歪んでいる周囲を厚い脂肪や筋肉の層で覆うようになり、

大きな体型になりやすくなってしまうのです^^;

 

骨盤をきれいに閉じるためには、
骨盤に付随する筋肉などをバランスよく
整えてあげることが大切なのですね^^☆

 

そうして、
妊娠前よりもきれいな体型を
作り出すことができるのです^^

 

ウエスト周りや上半身や下半身の悩みも、
骨盤ケアをしてあげることで、
解消されるケースが多いでしょう^^

 

それは、

骨盤が上半身と下半身の中心であることや、
骨盤をケアするために、自然とウエストやヒップの筋肉にも
働きかけてくれることなどがあげられます☆

 

産後の体型を、妊娠前よりもきれいにしたい!

そのように願うのならば、

骨盤ケアが、もっとも有効でおすすめになります^^☆

 

きれいを手にして
もう一度あなたの自信を取り戻しましょう^^♪

えみり

 

 

コメントを残す

CAPTCHA