隙間時間の骨盤ケアとは?産後ママのリハビリに一番効く方法

今回は効率的な骨盤ケアについて^^

産後は朝から晩プラス夜中まで、ベビーのお世話、がんばっていますよね☆
それに加えて、家事もしないといけないし、

自分をケアする時間なんてない!ってお悩みのあなたに。

 

産後のちょこちょこ骨盤ケアを取り入れて
効率的に骨盤ケアをしてみませんか^^?

 

出産の幸福からの現実

 

幸せながらもがんばって過ごしてきたマタニティ期を終えて、
やっとやっとベビーに逢えた♪
産声を聞いた瞬間、ホッとするとともに、

 

無事に生まれてきてくれてありがとうって(;_;)

 

でも、そこで終わりではなく、そこからがすべての

 

は じ ま り ・・・

 

そう、ママは休む間もなく、ベビーに乳をやり、おむつを替え、
沐浴をし、抱っこをして大忙し。

時に、えみりは太郎のシモベかいって問いかけてしまう(笑)

 

骨盤を意識してみましょう

 

時間ないですよね?

でも、効率よく骨盤ケアできたらなぁと思いませんか?

おっぱいとかミルクをあげる時、ベビー抱っこしますよね?

 

その時にちょっと姿勢を意識してみませんか^^

 

って それだけかよ~~

 

なんてそんなこと言わないでください!^^;

 

ちょこちょこ骨盤ケアのすすめ

 

 

話を戻しますね^^

 

おっぱいやミルクをあげているときの姿勢、

意識していますか?

 

あんまり意識したことがないって人がほとんどかなって思います。

 

でも、ベビーを抱っこして、座っているときって、
骨盤にとっても負荷がかかっていると思いませんか?

正しい姿勢のポイントは

 

左右対称っていうこと☆

 

俗にいう、お姉さん座り
同じ方向ばかり足を組むこと絶対にダメです!

 

骨盤の左右がずれて、正しく回復できなくなってしまいます!

 

もう一つは

 

猫背・・・

 

産後の骨盤は、ただでさえ、妊娠中の張り出したお腹を
支えるために反り返っていて、それを少しずつ
妊娠前の状態に戻そうとしているとき。

 

骨盤が反りかえると、腰椎から背骨はゆがみがち。

 

おっぱいやミルクをあげるときに、猫背になってしまっていては
骨盤の反り返りは戻ることができなくなってしまうよね!

 

今のこの瞬間から、おっぱいやミルク中の姿勢を意識してみましょう^^

 

たったそれだけのことでも、毎日、おっぱいやミルクのたびに何か月も・・・

 

日々の積み重ねで差が出てくるものですよね☆

 

無理なく、授乳まくらやクッションなどで
楽な姿勢を保つのも忘れずに♪

 

今日も、最後まで読んでくれてありがとう☆ミ

 

えみり

 

 

コメントを残す

CAPTCHA